グルコサミンの効果は?|関節痛に効くサプリメントを特集

グルコサミンとは?どんな成分?

グルコサミン&コンドロイチンのうち、グルコサミンとはどういう成分のことをいうのでしょうか。
グルコサミンは軟骨を形成している成分の一種であり、とりわけ関節にある細胞の代謝に深く関わっています。
ムコ多糖類の種類に含まれており、アミンと結合しているのが特徴です。
国内外では関節炎や関節症の痛みを緩和し、改善する効果があると臨床試験での結果が出ている成分なのです。
なお、グルコサミンは体のなかで合成がおこなわれている成分であり、軟骨をはじめとするさまざまなところに存在していますが、加齢に伴い減少してしまうという性質があります。
体内での合成量が減少すると、体重や重力による衝撃を緩和するという役割を果たすことができなくなり、骨同士を接合している軟骨が磨耗していってしまうのです。
軟骨が磨耗すると、やがては骨と骨がダイレクトに接触してしまうため、骨の変形や痛みといった症状を引き起こすようになります。
中高年の人で膝痛に悩まされている人は多いですが、コンドロイチンが減少していることが一因となっているのです。
前述したように、グルコサミンは軟骨の構成成分であるため、積極的に取ることにより軟骨の磨耗、関節の病気による痛みや腫れの緩和、損傷を受けた軟骨の修復や再生をサポートする効果が期待できます。
さらには軟骨の分解防止や炎症抑制作用ももたらされるといわれています。
体内での合成量が少なくなる中高年だけでなく、軟骨の磨耗はスポーツをしている人でも進みますので、年齢問わず摂取したい栄養成分といえるでしょう。

↑ PAGE TOP