グルコサミンの効果は?|関節痛に効くサプリメントを特集

コンドロイチンとは?どんな成分

グルコサミン&コンドロイチンのうち、コンドロイチンの成分について解説していきます。
コンドロイチンとはムコ多糖類の一種であり、とりわけ関節の軟骨に多く存在しているのが特徴です。
軟骨の半分以上は水分ですが、それ以外ではコラーゲン、たんぱく質、糖分によって構成されています。
コンドロイチンが足りない状態に陥ると、軟骨の弾力や水分が消失してしまい、磨耗してしまうのです。
結果、関節や腰の痛みなどを引き起こすリスクが増大してしまいます。
そのほか、肌のハリや弾力が消失し、見た目年齢を上げてしまうことにもなりかねません。
また、コンドロイチンは関節以外の臓器、皮膚、骨、角膜といった場所に存在していますが、主に弾力性や保水性をもたらしたり、栄養の消化や吸収、さらに代謝を促す役割を果たしています。
体内でも合成がおこなわれる成分ではありますが、年齢の高まりに伴い少なくなってしまうというのが厄介なところです。
そのため、日頃から積極的にコンドロイチンを摂取することによって、前述したようなトラブルを引き起こさないようにしなくてはいけません。
なお、さまざまな部分にコンドロイチンは存在していますので、関節だけでなく骨、肌、目などの健康や美容を維持するためにも積極的に摂取したいところです。
コンドロイチンは食品に含まれているだけでなく、点眼薬として使用されていたり、化粧品に配合されていたりもします。
そのほか、コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取することで、お互いを高め合う作用がもたらされるといわれています。

↑ PAGE TOP